性病を予防するために知っておきたい大切なこと

性病を予防するために最も効果的なことは、性交渉を行わないことです。

性病は性交渉によって感染するものですから、これを行わなければ感染することが確実に予防できます。

しかし人間には性欲があり、また子供を希望している場合には性交渉を行う必要があります。

ですからこれは確実ではあるが、現実的ではない予防法です。

 

では、現実的に実現できる方法としてはどのようなものが挙げられるかと言うと、まずはコンドームを着用して性交渉を行うと言う方法です。

ペニスを膣に挿入する前からコンドームをしっかりと着用しておくことは、多くの性病予防に効果が期待できるとされています。

ただしコンドームの着用でも防ぐことができない性病もあると言うことは、頭に入れておく必要があります。

 

参照:性病はコンドームだけでは完全に防げない

 

特にHIVウイルスに感染することで発症するエイズの予防には、コンドームの使用が絶対だと言われています。

また口腔内を使用したオーラルセックスの場合でも、やはりコンドームを着用しておくことが求められます。

ただし女性側の性器を口腔内で愛撫すると言う場合には、この予防はなかなか難しいです。ですから、できるだけオーラルセックスは行わないのが望ましいです。

 

それから性交渉はできるだけ特定の人とだけ行うと言うのも予防法のひとつです。

不特定多数の人と性交渉を行うと言うのは、それだけ性病に感染するリスクが増加すると言うことでもあります。

また相手が不特定多数だと知らない内に感染してしまい、その感染の輪を次から次へと拡大させてしまうことになる場合もあります。

相手が特定でき、その人から性病をうつされたと言う場合にはそのことをアドバイスでき、感染拡大を防ぐことができますが、不特定多数ではそれも難しいです。

 

それからパートナーや自分が性病にかかっていないかどうかを、性交渉を持つ前に調べておくのも効果的な予防策です。

もしかかっていることが明らかになった場合でも、それを治療してから性交渉を行えば良いだけの話です。