天井にスピーカーを埋め込むリフォームがおすすめ!

リフォームで空間を有効活用しよう!

リフォームでお部屋の中を有効に使おうと思うと、壁の厚みや天井の中を有効に使うと、お部屋の中がスッキリとしてきます。

部屋の中のスッキリさせたいものと言えば音響関係のスピーカーやネット関係のルーター等ではないでしょうか。

参考にしたいサイト: 柏市リフォーム.xyz

実際、音響関係のスピーカーというのは特にこだわりがないのであれば、棚や机の上に置く必要はありません。飲食店等を見てみるとよくわかるのですが、殆どの店舗で天井にスピーカーをつるしていたり、天井にスピーカーを埋め込んでいると思います。

音楽好きな方必見!スピーカーを埋め込むリフォームを

スピーカーの埋め込みリフォーム.jpg

一時期、天井埋込形の5.1chサウンドが流行りましたが、最近では5.1chにしなくてもステレオ程度で気軽に音楽を楽しみたいとして天井にスピーカーを埋め込む事例も増えてきています。

スマホなどからもまずまずの音量で音楽を聞くことはできますが、やっぱりいいスピーカーから聞こえる音楽の方がいいですよね。

それからネット関係のルーターですが、電話機周辺にゴチャゴチャあって邪魔ですよね。

根本的な通信手段の選択にも関わってくるかもしれないですが、店舗のように天井や壁、柱にルーターを設置する方法も室内がスッキリして結構いいように思います。

今は光通信でも通信制限がかかっていますので、ガンガンネットを利用したい方は昔ながらのWiMaxを利用し、なるべく電波が入りやすい、部屋の中まで届きやすい構図に家を変えることも一つの手と思います。

リフォームの際にはWiMAXを合わせて導入しよう

WiMaxは今では殆どコマーシャルしていませんし、WiMax2を店頭では勧めていますが、通信制限が設けられています。

ネットでテレビや動画をアップしていると、案外早く上限に達し、追加金が必要になりますので、トータルで考えると気軽に使える元祖WiMaxが利用しやすいのではないかと、個人的には思います。

マンションではWiMaxは恐らく電波が入りませんので、諦めて光等の利用が妥当と考えられますね。

照明やエアコンもなるべく天井や壁に埋め込むことによって、室内の空間を広く感じられます。

チョット手間にも感じますが、最初だけなので予算に余裕のある方は検討したいですね。